お役に立つこと::相続時精算制度

相続時精算制度

※「相続時精算制度」とは、上記によって、贈与額(贈与時の)が、決定した額を「相続時持ち戻す」ことによって精算される。
 先ほどの、賃貸住宅贈与では、2,940万円となったので、この金額が相続されたものとして相続額の計箕がされることになる。
但し、先例では、贈与額を【85万円】支払ったので、この贈与税については、還付されることとなる。
相続対策メリット
相続対策とは、次のような事柄を言う。
  1. 物納対策(金納・延納・物納)
  2. 評価額を圧縮する。
    ※これについては、先の節税対策のところで説明済み。
  3. 高額納税が予定される不動産所有者は、賃貸住宅を銀行ローンで借金する。
      死亡時、ローン残債が資産額から負債としてマイナスされる。
      但し、これは、死亡時の3年前までに、賃貸住宅を取得しておく必要がある。
  4. 争族にならない対策を考える。
    具体的には、生前の遺産分割協議の合意書、または、遺言状を作成しておく  必要がある。
    但し、「遺留分減殺請求権」があるので、予想される法定相続人の相続権を100%奪うことは出来ない。
    例に、そのような、分割協議書、遺言書を作成したとしても、予想される50%を相続出来る権利がある。
    それを【遺留分減殺請求権】というのである。

この件について問い合わせる