トップお役に立つことお役に立つことお役に立つこと>相続時精算制度(生前贈与)のメリット

お役に立つこと::相続時精算制度(生前贈与)のメリット

相続時精算制度(生前贈与)のメリット

相続時精算制度とは、生前贈与の一種であり、2,500万円まで非課税となる。
但し、これは条件があって、親の年齢が65歳以上、子や孫の年齢が20歳以上であることが条件となる。
両親だけでなく、祖父母も対象と出来る。
非課税枠が2,500万円であるので、現金で贈与するよりも、「賃貸住宅」を贈与すれば、下記のようにさらにメリットが高いものとなる。

<相続時精算制度・賃貸住宅の設例>
  1. 建築費 7,000万円(時価)
  2. 評価額 4,200万円(60%と仮定)
  3. 借家権割合(4,200万円×0.7)=【2,940万円】
  4. 贈与税 2,940万円-2,500万円=【440万円】
  5. この贈与税額
440万円-基礎控除25万円×贈与税率20%=贈与税【85万円】
以上のように、この制度は、現金で贈与するよりは、賃貸住宅で贈与した方が、はるかにメリットが高い。
贈与を受けた者は、この7,000万円の賃貸住住宅が年10%(表面)の利回りであると仮定すると、年700万円×30年で【2億1,000万円】の収入を得ることになる。
但し、このように賃貸住宅を贈与する揚合は、両親もしくは祖父母が建築し、入居者を入れて一度確定申告を得てから贈与した方がよい。
なぜなら、確定申告をすることによって、この賃貸住宅の坪価額が決定されるからである。

この件について問い合わせる