トップ>iPhone修理

iPhone修理

iPhone 修理 Namilis の Back up システム

iPhone iPad修理はNamilisのBack upシステム


NamilisのBack up システム3つの安心とお約束

★ 当グループで修理させていただいたパーツには、3か月の無償保証付き。

★ iPhoneのデータには触れません。

★ また、大切なデータを消さずに修理いたします。

★ マイスター制度(認定資格)を導入し、有資格者のみが修理いたしますので、ご安心ください。

★ 「iPhoneの修理ってメーカーさんがやってくれるんじゃないの?」

  メーカーでの無償交換には様々な条件があり、その条件を満たしていない場合は有償交換となってしまいます。また、修理対応そのものがなく交換対応となため、iPhoneに入っているデータはすべて無くなってしまいます。

「保険に入ってるよ?」

Apple Care Protection Planに加入していても保険対象外となる故障が多いことをご存じですか?

「ガラスが割れた場合は?」

iPhoneのガラスが割れた場合は、その程度に関係なくアップルの保険対象外となり、すべて実費での交換となってしまいます。

「水没した場合は?」

iPhoneは汗などで簡単に水没反応が出るのですが、少しの水没反応でも、 メーカー保証は一切受けられません。 Back upグループでは、メーカーが対応不可の故障でも、格安かつ迅速にデータを消す事なく修理対応させていただいております。

■ iPhoneのガラスが割れてしまった!/液晶表示異常/タッチパネルが反応しない

   フロントパネル交換

 iPhoneの画面はガラス製のため非常に割れやすく、iPhone修理でいちばん、問い合わせが多いのもガラス割れ(画面割れ)です。
たとえ軽度の割れだとしても、放置しているとある日突然クモの巣状に割れが広がり、重度の割れになってしまうことも多くあります。
ガラス割れはメーカー保証対象外ですが、Namilis Back up にお任せいただければ、格安・即日で修理対応いたします。

■ バックパネルが割れた

   バックパネル交換

iPhone4/4Sはバックパネル(背面)もガラス製になっておりますので、落下などによって破損することがあります。フロントパネル(画面側)とは違い、バックパネルが割れていても使用上困ることはありませんし、カバーなどで隠す事ができますので、修理せずに放置する方が多いようですが、フロントパネルと同じように早急に修理することをおすすめいたします。なぜなら、バックパネルが割れてしまうと、内部の基盤やパーツがむき出しになってしまい、そこからホコリや水が入り込んで、他の故障を併発する恐れがあるからです。たとえわずかな亀裂だったとしても、その箇所がモロくなっているのは間違いありませんので、亀裂がドンドン広がっていく可能性があります。

■ 充電できない/電源が入らない /同期しない/iTunesが認識しない

   原因1: バッテリーの劣化

充電できない、もしくは電源が入らないという症状が出た場合、
バッテリーの劣化が考えられます。同期しない・iTunesが認識しないという場合にも、バッテリーが原因ということが稀にあります。バッテリーには寿命があり、iPhoneのバッテリーも例外ではありません。
目安としては、500回のフル放電とフル充電を繰り返すと、バッテリーの性能が半減すると言われています。そして、バッテリーの性能低下が著しい場合、充電ができなくなったり、電源が入らなくなったりするのです。

   原因2: 充電ドックコネクタの故障

充電ドックコネクタというのは、充電する際に充電器を差し込むコネクタのことです。 故障原因としては経年劣化が最も多いのですが、ホコリや水滴による故障も少なくありません。iPhoneの充電ドックコネクタにはカバーもなく剥き出し状態ですので、どうしてもホコリや水滴がつきやすい構造です。ホコリがたまるとショートしやすくなりますし、水滴がつくと緑青(10円玉などに浮いている錆)が出てしまいます。これらが原因で充電できなくなったり、電源が入らなくなったりすることがありますので、カバンの中やポケットの中にホコリが溜まらないようにするなど、対策するようにしてください。 他にも、充電器を無理に差し込もうとして端子が破損することもありますので、決して無理に充電器を差し込もうとしないようにしてください。

   原因3: バッテリー劣化+充電ドックコネクタの故障

原因1.と原因2.を併発することもあります。
その場合はバッテリーと充電ドックコネクタの両方を交換する必要があります。

■ 水没した

iPhoneトラブルの51%は自宅内で発生しており、うち9%はトイレに落とし、5%は洗濯機で洗ってしまったというもの。というデータがあるように、iPhoneを水没させることは決して珍しいものではありません。また、iPhoneはドックコネクタやイヤホンジャックにカバーがありませんので、加湿器のそばに置いていただけで水没した事例や、ジョギング中にポケットに入れていただけで、汗で水没した事例があるなど、水没の危険はいたるところにあると言えます。 水没した場合、正確には水没反応が少しでも出ていた場合は、メーカーでは一切対応付加となりますので、くれぐれもご注意ください。 Back upグループでは、メーカーが対応してくれない水没にも修理対応させていただいております。 水没の場合は、不具合が出る箇所が多岐に渡りますので、水没した際は、お気軽にお問合せください。

 水没修理の注意点

1.水没修理の場合、復旧率は70%程度とお考えください。
2.修理の結果、復旧しなかった場合でも、基本工賃(3,000円)は頂戴いたします。
3.時間経過と共に不具合が発生する場合がございます。
4.水没した端末は、ごく稀に分解することによって症状が悪化したり他の不具合が発生する可能性がございますが、そのような場合でも当方には一切の責任がないこととさせていただきます。

iphonecustemlogo.gif

カラーパネルカスタム
定番のパネルカスタムから、上級編のベゼルカスタムまで、各種各色取り揃えております。

cstm_250x150_01.jpg cstm_250x150_02.jpg cstm_250x150_03.jpg cstm_250x150_04.jpg


カラーベゼルカスタム各色
cstm_250x150_06.jpg cstm_250x150_07.jpg

ジュエリーベゼルカスタム

cstm_250x150_08.jpg cstm_250x150_09.jpg

ジュエリーボタンカスタム
cstm_250x150_010.jpg cstm_250x150_011.jpg

この件について問い合わせる